神戸市北区のこさか歯科クリニック(インプラント・矯正歯科・小児歯科・口腔外科)
神戸市北区のこさか歯科クリニック(インプラント・矯正歯科・小児歯科・口腔外科) 一般歯科 / 小児歯科 / 口腔外科 / 矯正歯科 / インプラント 神戸市北区のこさか歯科クリニック(インプラント・矯正歯科・小児歯科・口腔外科)
【TOP】神戸市北区のこさか歯科クリニック(インプラント・矯正歯科・小児歯科・口腔外科)
【診療内容】神戸市北区のこさか歯科クリニック(インプラント・矯正歯科・小児歯科・口腔外科)
【院長のコラム】神戸市北区のこさか歯科クリニック(インプラント・矯正歯科・小児歯科・口腔外科)
【クリニックのご案内】神戸市北区のこさか歯科クリニック(インプラント・矯正歯科・小児歯科・口腔外科)
【アクセスマップ】神戸市北区のこさか歯科クリニック(インプラント・矯正歯科・小児歯科・口腔外科)

 歯についてのご相談

 インプラント治療

 完全予約制|神戸市北区のこさか歯科クリニック(インプラント・矯正歯科・小児歯科・口腔外科)
  こさか歯科TOP > インプラント


インプラントとは、失われた歯根の部分(顎の骨)に人口の歯(チタン製)を埋め込み、それを土台に人工の歯を装着する治療法です。
入れ歯やブリッジなどと比べると残存する健康な歯に負担をかけることなく、自分の歯と変わらない感じでしっかり噛むことができます。

インプラントは、治療後のお手入れとメインテナンスが大変重要です。自分の歯と同じように、お手入れの仕方で、インプラントの寿命が決まります。
日々の適切なお手入れと定期的なメンテナンスで、できるだけインプラント寿命を延ばしましょう。



▼ インプラント治療によって解決する問題点

 ・ 残存する歯に負担をかけない。自分の歯と同じ様な感覚でしっかりと食べ物を噛むことができる。
 ・ 顎に力が伝わるため、骨の変形が少ない
 ・ 見た目が自然。自分の歯と見分けがつかないくらいの仕上がり
 ・ しっかりと固定され、「すべり」や「ずれ」がない
 ・ 入れ歯のように外したり、洗浄の必要がない。通常通り歯磨きが出来、お手入れが簡単。
 ・ 歯を失ったことによる、様々な精神的・肉体的不快感から開放される


▼ インプラントが使用できないケース

基本的に、年齢制限などの規制はなく、原則的に健康体であれば、ほぼ年齢を問わずにインプラント治療を行なうことができます。
ただ、インプラントは全ての人に適用できるわけではありません。身体の状態などの条件によって適用できないケースもあります。
インプラント処置に向かない人というのは、主に2つの要素に大別されます。


1. インプラントを埋める部分の骨及び歯周組織が、欠損したり感染している場合
  理由 :炎症を起こしている箇所にインプラントを埋入すれば、インプラントも感染してしまいます。
       また、骨が欠損しているような場合は、埋入してもインプラント維持が期待できません。


2. 全身疾患の有無(軽度であれば問題ありません)
  理由:現在通院中で、主治医から投薬を受けコントロールされているような場合、その程度によりイン
      プラント処置の是非が決定されます。
      その為、現在通院中等の疾患があれば、その旨を申出して頂く必要があります。

3. その他の理由による適用できないケース
  ・妊娠中である
  ・骨粗鬆症
  ・成長過程の場合
  ・ブラッシングなど、日常の手入れ(治療後のお手入れやメンテナンス)が十分にできない
  ・チタンアレルギー(インプラントの土台は主にチタンから出来ているためです)


この他にも、患者様の状態・状況によりインプラント適用が出来ないケースもあります。
まずはお気軽にご相談下さい。



インプラントの治療費はどの位?
インプラント処置で一番気になるのが、治療費ではないでしょうか?
インプラントは残念ながら、保険適用外の為、自費診療です。
治療費はケースによって価格に多少のちがいがあるのは、インプラントの種類や、上に被せる歯の部分(材質など)によって異なるためです。
上に被せる歯の部分ですが、使用する材料によって金額が異なります。材質の種類としては、金属やプラスチック材、セラミックなどがあります。

当院では患者さんとのご相談やカウンセリングで、十分納得して頂いた上で治療を行いますので、どんな小さな疑問や質問でもお気軽にご相談下さい。

インプラントの寿命はどのくらいですか?
インプラントにも寿命はあります。ただ、その寿命は日々のお手入れ(正しい歯磨き等)や定期的なチェックやメンテナンスに大きく左右されます。
お手入れが十分な場合、治療後10年を経過しても良好な状態を維持されている方もいらっしゃいます。
また、反対にお手入れが十分でない方やお手入れの仕方が悪い方は、治療後半年で脱落してしまうこともあります。
インプラントは、治療後のお手入れやメンテナンスがとても大切です。
当院では、治療後のお手入れ方法やメンテナンスについても親切・丁寧にご指導させていただきますのでご安心下さい。

インプラントの埋入は痛いですか?
十分な局部麻酔下で行われますので痛みを感じることはありません。また、術後の腫れもあまりありません。
ただ、患者様によっては手術後2〜3日は少し腫れたり、痛んだりすることもあるようですが1〜2日で腫れや痛みは自然にひきますのでご安心下さい。

インプラントを入れたら、虫歯や歯槽膿漏にはなりませんか?
インプラントは、主にチタニウム合金からできています。インプラント自体や差し歯が虫歯になることはありません。
しかし、歯磨き等のお手入れが不十分な場合、インプラント体の周辺付近の細菌が増殖し、炎症が起こります。この状態は歯槽膿漏と同じ状態をです。そのままに放っておくと、インプラントがゆらいだり、抜け落ちてしまうことがあります。

日頃の歯磨きや定期検診の大切さはこんな事態を予防するためです。

インプラントを入れると違和感はありませんか?
治療後の噛む機能は大きく改善されます。慣れるまでの間は少し違和感を感じることもありますが、その期間を過ぎれぼ、自然の歯と変わらない機能が得られます。以前は、硬くて食べることのできなかったお肉やフランスパン、せんべい、りんごなど全て以前のように食べることが可能です。皆さんが喜ばれる点としては、この点が一番喜ばれます。

『食べたい物が美味しく食べられる』

この幸せがインプラントが選ばれる一番の理由かもしれません。

インプラントを入れると違和感はありませんか?
治療後の噛む機能は大きく改善されます。慣れるまでの間は少し違和感を感じることもありますが、その期間を過ぎれぼ、自然の歯と変わらない機能が得られます。以前は、硬くて食べることのできなかったお肉やフランスパン、せんべい、りんごなど全て以前のように食べることが可能です。皆さんが喜ばれる点としては、この点が一番喜ばれます。

『食べたい物が美味しく食べられる』

この幸せがインプラントが選ばれる一番の理由かもしれません。



1. ご来院(問診)
十分な問診・視診を行ないます。患者さんのお悩み、ご要望について問診を行いますのでどんなことでもお気軽にご相談下さい。



2. 検査
全身状態を含め、インプラント治療が適用可能であるかどうか判断するための検査をします。
口腔内診査・レントゲン検査・歯周病の検査・かみ合わせの検査・習慣のチェックなど
患者さんの現在の口腔内状態を十分把握、分析します。



3. カウンセリング
検査の結果、インプラント治療が適用可能と診断された場合、患者さんとのカウンセリングを行います。
治療内容・期間・治療中の注意点や治療後のケア・メンテナンスまで詳しくご説明した後(インフォームドコンセント)、十分ご納得いただいた上で施術日を決定します。



4. インプラント施術
初日は根部のみの埋め込み処置です。歯冠部(差し歯)はまだありません。
術後当日は、過度な運動・労働・アルコール・タバコは控えてください。約1週間後に術後の経過をみて、約2週間で抜糸が終了します。



5. 術後管理(安静期間)
インプラントを埋入した後、施術後、3〜6ケ月はインプラントと骨の結合が得られるのを待ちます。骨と生着したことが確認されたら次の段階に進むことができます。



6. 差し歯の装着
インプラント歯根部に土台を装着します。また、型をとり、歯冠部(差し歯部分)の製作に入ります。
この日は仮歯を入れて終了です。
約一週間程で型を元に、色や形を患者さんに合わせて作製します。歯冠部(差し歯部分)をインプラントに装着します。噛み合わせを調整後、治療終了です。


全体的な治療期間は患者様にもよりますが、治療開始から終わりまで
約3〜6ヶ月前後を目安としてください。




インプラント治療のなかで一番大切ともいえるのが、この治療終了後のお手入れと定期検診です。
治療後は、他の歯と同様に口腔内を衛生的に保つことが重要です。
当院では、日々のお手入れ方法や適切なブラッシング方法を指導させていただいております。

また、定期検診では、口腔内の清掃が正しくできているか(正しい歯磨き方法等)や噛み合わせ等をチェックします。インプラントの寿命を出来るだけ長持ちさせるためにも、この定期検診はとっても大切です。※定期検診の頻度は3ヶ月〜6ヶ月程度に1回程度です。

定期検診の頻度や歯磨きやデンタルフロスなどの清掃用具・使用方法についても指導させていただいておりますのでご安心下さい。


<お手入れについて>

 ・日常のブラッシング
適切なブラッシングができていない場合、炎症をおこして、歯槽膿漏と同じ状態になってしまうことがあります。この場合、インプラントがゆらいだり、抜け落ちてしまうことがありますので適切なブラッシングで口腔内を清潔な状態に保つことが重要です。

 ・習慣
習慣や癖がインプラントに悪影響を及ぼすことがあります。(喫煙・歯ぎしり・くいしばり等)
術前に上記の様な習慣や癖がある方は医師にご相談下さい。

 ・かみ合わせ(定期検診)
装着時にも十分な調整を行いますが、様々な状況で変化する場合があります。
その為、定期検診でチェックと調整が必要です。


  | TOP 診療内容インプラント治療院長のコラムクリニックのご案内 アクセスマップ 個人情報保護について
Copyright (C) 2006 KOSAKA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.